2005年08月31日

トムとジェリー

ジェリー「〜♪」

トム(へへっ、このバケツで…)

カポッ

トム「やった!つかまえたぞ!どれどれ…」

チッチッチッ…

トム「あっ、ダイナマ

ボガーンッ!

トム「痛てててて、くそぉ…」

客「アハハハッ!」


(翌日)

ジェリー「あ、トムだ。」

トム「…。」

ジェリー「あんなビルの上で何やってるんだ?」

カシャンッ

ジェリー「あっ、柵を開けて……まさか……自殺!? と、止めなきゃっ!」



ヒュゥゥゥ…

トム「やっぱ高いなぁ…」

ジェリー「トム!」

トム「やぁ、来たかい。」

ジェリー「何やってるんだ! はやくこっちに戻ってこいよ!」

トム「いや、それはできない…」

ジェリー「なんでだよ!」

トム「もう疲れたんだ…この…ありきたりな日常にさ…」

ジェリー「なっ!」

トム「毎日毎日お前を追っかけたり、追っかけられたり…」

ジェリー「…。」

トム「そして、いつも最後はオレが体を張って笑いをとる…」

ジェリー「だって、それはお前…オレたちがコンビを組んだときからの方針で…」

トム「ああ、それはわかってるさ。」

ジェリー「だったら…

トム「でも、もう嫌になったんだ。傷つくのはいつもオレだけ…

   お前はいつもすました顔で普通に演技してりゃいいけど、

   こっちは一歩間違ったら大怪我なんだ…『常に死と隣り合わせ』

   そんな状況がだんだん怖くなってきてさ… オレ…

   もうすぐ死ぬのかな? 死んだら楽になれるのかな? って

   最近はよくそんなことを考えるんだ…。」

ジェリー「弱気なこと言うなよ! 残されたオレはどうすりゃいいんだよ!」

トム「お前はオレにくらべたら顔もいいし、普通に俳優としてやっていけば

   いいじゃないか。オレにはこれ(お笑い)しかないんだよ…。」

ジェリー「そんな…」

トム「もう、追っかけっこは終わりにしようぜ。」

タッ

ジェリー「ちょっ! はやまるなって!」

トム「結局オレは…お前の背中ばっかり追いかけてた気がするよ…」

フワッ



ガシッ!

トム「!?」

ジェリー「勝手なこと言ってんじゃねぇよ!」

トム「ジェリー…」

ジェリー「お前がいないと何もできないやつだっているんだよ!」

トム「…。」

ジェリー「お前はいつだってそうだ…1人で全部背負い込んで…

     オレらコンビじゃねぇかよ! つらいことがあったら

     助け合ってやっていくのがコンビってもんだろ!」

トム「…。」

ジェリー「よく見たら、お前の手ボロボロじゃねぇか…

     こんなになる前に… なんでもっとはやく

     オレに相談してくれなかったんだよ…   ググッ!」

トム「や、やめろ!お前の体重でこれ以上はもたないだろ!

   このままじゃあ、お前まで一緒に落っこっちまうぞ!」

ジェリー「へへっ、肉球って結構すべるんだな。もう腕がちぎれそうだぜ。」

トム「ジェリーッ!!」


スルッ


ジェリー「あっ!」

トム「…。」

ジェリー「トムゥゥゥーッ!!!」


ヒュゥゥゥ…












クルッ タンッ

スタスタスタスタ…



ジェリー「えぇっ!!?」

客「アッハッハッハッ!」









トム「な? たまにはこういうのもええんちゃう?」

ジェリー「そうやな。アリやな。」
posted by Joker at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫才・コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

ヤマタノオロチ、落ち込む

「しばらくひとりにしてくれないか。」
posted by Joker at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

オリエンタルな人たち

猪八戒「さっちんいつものやったげて」
沙悟淨「おぅ、聞きたいか俺の武勇伝」
猪八戒「その凄い伝説を言ったげて」
沙悟淨「俺の伝説ベストファイブ!」
猪八戒「レツゴゥ!」

沙悟淨「尻小玉を抜かれても動く」
猪八戒「すごい、これはもはやホラーの世界」

武勇伝、武勇伝、武勇でんでんででん伝♪

沙悟淨「かわいい子だから旅をさせられた」
猪八戒「孤児のポジティブシンキング」

武勇伝、武勇伝、武勇でんでんででん伝♪

沙悟淨「カッパ巻きおかずにご飯を食らう」
猪八戒「最近さっちん太ったでしょう?」

武勇伝、武勇伝、武勇でんでんででん伝♪

沙悟淨「如意棒を借りてブブカに挑む」
猪八戒「あ〜っと、惜しくも皿をひっかける」

武勇伝、武勇伝、武勇でんでんででん伝♪

沙悟淨「三途の川で足を滑らせる」
猪八戒「すごい、川の向こうに天竺が見えた」

武勇伝、武勇伝、武勇でんでんででん伝♪


三蔵法師「お前ら何やってんの?はやく寝ろ」


悟空「ウキーッ!」


三蔵法師「お前も寝ろ」
posted by Joker at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫才・コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

職人芸

トンッ ス――――ッ!

船員
「いやぁ、それにしてもフック船長の鰻の裁き方は見事っすねー」
posted by Joker at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートコント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

竜の恩返し

ある寒い雪の日、おじいさんは町へたきぎを売りに出かけた帰り、
雪の中に何かが動いているのをみつけました。

「あれは何だろう。」

おじいさんはわなにかかっている一匹のどらごんをみつけました。

「かわいそうに、今助けてやるからな。」

おじいさんはどらごんを助けようとしました。
ところが危険を感じたどらごんはおじいさんに向かって
ありったけの力で炎を吐いてきます。

(ゴオーッ! ゴオーッ!)

「うおっ、あつい!」

おじいさんはちょっと死を覚悟しました。

(ゴオーッ! ゴオーッ!)

「ふ、ふばーは! ふぁいあーうぉーる! あすたりすく!」

おじいさんはどこかで聞いた事のある言葉をとりあえず連呼しました。

(シギャーッ!)

やっとわなが外れました。
幸いおじいさんは皮膚の皮が厚かったので軽傷ですみました。
助けてやると、どらごんは山の方に飛んでいきました。

家に帰ると、おじいさんはその話をおばあさんにしました。

「今日はよいことをした。わなにかかったどらごんを助けてやった。」

すると入口をたたく音がしました。

「だれでしょう。」

おばあさんは扉をあけました。

「あわわわわ…」

大きなどらごんがそこに立っていました。

「…そのまんま来ちゃったかぁ。」

おじいさんは『人間の格好で来る』とかそういうことを期待していたのです。

「あ、あの…どらごんです。」

どらごんは当たり前の事を言いました。
「ていうか普通にしゃべれるのかよ!」という気持ちを
おじいさんがかみころしたのは言うまでもありません。

「わたしが昼間わなにかかって苦しんでいたところを
 そちらの親切なおじいさんに助けてもらいました。
 そこで何かお礼がしたいと思い、こうしてやってまいりました。」

えらい丁寧などらごんである。

「どれ、わしが話を聞こう。」

おじいさんは外に出ました。

「おじいさん、あちらをみてください。」

どらごんは言いました。

「おお、これは…」

そこにはどこかで見た事のあるような剣と
どこかで見た事あるような盾が用意されていました。

「どらごんきらーとどらごんしーるどです。
 これをお礼に差し上げたいのです。」

おじいさんは正直「米とか布とか美女」の方がいいと思いました。

「差し上げる代わりといってはなんですが、
 これを身につけて、おじいさんにはぜひ
 魔王を退治してもらいたいのです。」

(プルプルプル…)

おじいさんは首を横に振ります。
おばあさんに「助けてくれ!」と目で合図をおくりましたが
おばあさんはどらごんと親しげに話すおじいさんをただただ
ほこらしげに見つめているだけです。

どらごんは構わず話を進めます。

「よかった。やってもらえるのですね。」

(プルプルプル…)

おじいさんは露骨に嫌がってみせました。
しかしどらごんは見て見ぬふりをします。

結局、おじいさんは魔王退治をするはめになりました。

「本当に行くんですか? おじいさん」

(コクッ)

不似合いな鎧を着せられたおじいさんは
明らかにひきつった笑顔でこたえました。

「そうですか、どうかお気をつけて…」

おばあさんもどうやらあきらめたようです。

「わたしの背中に乗ってください。」

どらごんは言いました。

「魔王の城までひとっ飛びです。」

『えっ?展開早くない?もっと仲間を増やすとか
 武器をきたえるとかぱふぱふとかそういうイベントないの?』
と、おじいさんはちょっとがっかりしました。

(シギャーッ!)

どらごんは一声あげると、空へと舞い上がっていきました。

「うっ、気持ち悪っ!」

おじいさんは飛行機が離陸するとき上がったり下がったりして
お腹のあたりがスゥーっとなるあの変な感じが嫌いなようです。

こうしておじいさんの長い冒険の旅が始まりました。

どらごんが羽ばたいたときの勢いで
家とおばあさんが吹き飛んでしまったとも知らずに…
posted by Joker at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫才・コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

本当はごっつ怖いグリム童話

『赤ずきん』

「おばあちゃんの耳はなんでそんなに大きいの?」

「それはね、お前の声をちゃんと聞くた

akazukin.gif

「本当のことを言って。」

「えっ?えっ?」

「撃たれたくなかったら正直に言って。
 あなたの耳はなんでそんなに大きいの?」

「えっ、あっ、その…それは…
 わたしが実はオオカミだからです。」

「ほぉ…。」

「しょ、正直に言ったんだから
 はやくその銃をおろし…」

「じゃあ、次。」

「次?」

「わたしの質問に面白おかしく答えなさい。
 つまらなかったら撃つわよ、いい?
 質問、あなたの目はなんでそんなに大きいの?」

「えっ?えっ?」

「10…9…8…」

「ちょ、そんな急に…え、えーと…」

「…6…5…」

「はい!はいっ!」

「じゃあ、そこのオオカミさん。」

「な、涙がこぼれ落ちないようにさ。」

「…。」

「だ、ダメ?」

「まぁ、面白いかな。」

(ホッ)

「と、いうのは嘘。」

「へ?」

「バイバイ」

「そ、そんな…」

gun.jpg





「ねぇ、」

「…。」

「あなたのお口はなんでそんなに大きいの?」
posted by Joker at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫才・コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

準備体操

先生「はい、じゃあ2人ずつペアになってー」

ジャック「あっ…」

先生「そこ、ジャック1人かぁ…じゃあ豆の木とペアな」

ジャック「もう、またかよ」

豆の木「…」


(数分後)


生徒「せんせー」

先生「なんだ?」

生徒「ジャック君が死にそうです」

ジャック「ちょ、おま、絡みすぎ、動けな…ぐふっ…」



先生「やっぱ無理かぁ…」
posted by Joker at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートコント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

はだかの王様

王冠で 股間を隠して いざ行かん
posted by Joker at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

ヘンゼルとグレーテル

ヘンゼル「ヘンゼルと!」
グレーテル「グレーテルの!」
二人「お菓子な話!」

チャーチャーチャラチャッチャー チャーチャチャ♪

「ああっ、袋がうまく開かない…」

「私がやりましょう。(バリッ) はい、どうぞ。」

「どうもすみません。自分は…不器用な人間ですから…」

カリッ

健’s ポッキー♪



「この時間はまだ幕下の取り組みかぁ…」

「ねぇ、あの人の頭みてみて」

「ははは、なにあれー 変なのー」

きーのーこーの やーま♪



「なぁ、オレにも1個とってや」

「はい」

「ちょ、あぶないやろ!ちゃんとこっちむけて渡せや!」

「ごめんなさい」

とんがーりーコーン♪



「ちがうでしょ、ちゃんとフォークで押さえて…

 そう、ナイフで一口サイズに切ってお口にはこぶの

 そうそうそう、よくできました。」

うまい棒を食べる皇太子♪



「返してよー」

「やだねー 欲しかったら自力で取り返してみな」

「このぉー 僕のビスコ返してよー」

「よっ、ほっ、そりゃ!(ボコッ)」

「ぐっ、腕が…」

「そら、もう一発!(ドカッ)」

「うぎゃぁぁぁー!」

ぜったーいぜーつめい♪
posted by Joker at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫才・コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

誤解

彼女「ここがアラジンくんの部屋?」

アラジン「う、うん。」

彼女「へぇ、結構きれいにしてるんだね。」

アラジン「へへ。(急いで片付けたっちゅうの)」

彼女「ん?これなぁに?」

アラジン「あっ!それは魔法の(やべ、出しっぱなしだった!)」

(ガシャン!)

彼女「あ、ごめ…」

(モワモワモワ…)

魔人「お呼びですか、御主人様。」

彼女「御主人様?」

アラジン「いや、これはその…」

彼女「へぇ、アラジンくんてそういうの趣味なんだぁ。」

アラジン「えっ?」
posted by Joker at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートコント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

みにくいアヒルの子

「あはははは、お前いつまでストッキング被ってんねん

 …へ? 被ってない? うそん、ずっと被ってうわっ、ほんまや!」
posted by Joker at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートコント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

ラストシーン

「ピノコの事なんか、大っ嫌いだーーー!!!」

(ピノキオの鼻が魔王の心臓を貫く)
posted by Joker at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートコント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

かちかち山

(ガラガラガラ…)

タヌキ「ちわ。えーと、山さ

店主「らっしゃい!たぬきそば一丁!」

タヌキ「あ、あの、山菜そばを…」

店主「へい、おまち!(ドンッ)」

タヌキ「…。」



店主「ありがとうございましたー!」

(ガラガラガラ…)




その夜、

(カッチ、カッチ、カッチ…)

タヌキ「ちきしょう!こんな店、燃えちまえばいいんだ!」
posted by Joker at 08:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ショートコント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

三匹のこぶた

三男ブタ「ブルブル…」

オオカミ「こんなわらの家なんか吹き飛ばしてやる!フーッ!」

(ガタガタガタ)

三男ブタ「うひゃぁーっ!」



次男ブタ「ブルブル…」
三男ブタ「怖いよぅ…」

オオカミ「なになに、こんどは木の家か…これでもくらえ!フーッ!」

(ガタガタガタ)

次男&三男「きゃーっ!」



長男ブタ「ここは大丈夫だろう」
次男ブタ「ガクガク…」
三男ブタ「ブルブル…」

オオカミ「今度はレンガか…オレさまをなめるなよ!フフーッ!」

(ガタガタガタ)

長男ブタ「そ、そんなっ!?」
次男&三男「いやぁーーーっ!!」

オオカミ「へへっ、酸素の薄い高地でトレーニングした成果が出たぜ」

次男&三男「なんで本格的に鍛えてるんだよ!」

オオカミ「さぁ、どっちからいただこうかな(ジロッ)」

次男&三男「こないでぇ…」

オオカミ「心配するな、すぐにあの世に送ってやっからよ」

次男&三男「あれ、兄さんは?」

オオカミ「どうした、何をキョロキョロしてうぐッ!?」

(バタリ)

次男&三男「兄さんっ!!」

 そこには1個のれんがを持った兄ブタの姿があった…。

長男ブタ「これで…よかったんだ…。」

次男ブタ「兄さん…ぼくらのために?」

長男ブタ「お前たちには迷惑ばっかかけてたしな。」

三男ブタ「でもこれじゃ兄さんが…」

長男ブタ「なあに心配するな、オレひとりが出頭すればいい話だ。」

次男&三男「そんなっ!」

長男ブタ「じゃあ…いってくるよ…」

次男ブタ「待って、兄さん!」

 次男ブタがオオカミの傷口に体をこすりつける。

長男ブタ「おい、やめろよ!そんなことしたらお前まで…」

次男ブタ「兄さんを1人にはできないよ」

三男ブタ「じゃあ僕も!」

 三男ブタも同じことをはじめる。

長男ブタ「おい、やめろ!やめろってば!お前ら…ぐすっ」

次男&三男「うう…」

長男ブタ「…わかったよ。じゃあ三人でいくか?」

次男&三男「うん!」



 結局、三匹はオオカミを殺した容疑で警察に捕まることになりました。

三男ブタ「ここならオオカミが来てもびくともしないよね」
長男ブタ「ああ、そうだな」
次男ブタ「ちょっと兄さん、それボクのゴハンだよ!」
長男ブタ「あ、わりぃわりぃ」
次男ブタ「もぉ〜」
三男ブタ「あははは」


 こうして三匹は鉄格子の中でしあわせに暮らしました。

 めでたし めでたし
posted by Joker at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫才・コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

三年寝太郎

寝太郎「ふわぁ、入学式だるいなぁ…」

教頭「続きまして、校長先生のお話です。」

寝太郎「うわぁ、一番だるいのがきたよ。」

校長「皆さんはこの学校に入学して、これからさまざまなことに
   出会うと思います。その一つ一つに全力でぶつかり、そして
   そこから多くのことを学んでいってもらいたい。もちろん、
   日頃の授業も真面目に…」

寝太郎「ふぁぁ(ウトウト)」

校長「…夏になるとボートレース大会や球技大会で…」

寝太郎「…。(こっくりこっくり)」

校長「…皆さんには社会のリーダー的な存在として…」

寝太郎「Zzz」





寝太郎「はっ!寝てた!」

校長「…というわけで皆さんはこの学校を卒業しても
   一社会人として立派に働いていって欲しい。」

教頭「校長先生ありがとうございました。
   以上をもちまして卒業式を終了いたします。」

寝太郎「ええっ!?」
posted by Joker at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートコント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

うばすて山

「うわ、この山くせっ!なんかデパートの1階の化粧品売り場みたいな匂いする」
posted by Joker at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

知恵比べ

(くそっ、こうなったら体の中に入り込んで…)

一寸法師「たぁーーーっ!」

鬼「うぐっ・」

一寸法師「おっと、喉にひっかかってしまった…」

鬼「なんか刺さったー」

鬼のおかん「どれ見してみ…あー、なんか小骨みたいなん刺さってるわ
      ご飯をグッと飲み込んでみ、これぐらいかたまりでグッと」

グッ

一寸法師「ちょ、おい待てって!こんなん聞いてな…」

鬼「まだなんか変ー」

鬼のおかん「ほれ、もう一回」

グッ グッ

一寸法師「ちょ、大量のご飯が、そんなあかんて、、う、うわぁぁぁーーーっ!!」

鬼「とれたー」

鬼のおかん「おぉ、よかったよかった」



一寸法師「…。」
posted by Joker at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートコント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

×××なイヌ

肉をくわえたイヌが、はしをわたっていました。
ふと下を見ると、川の中にも肉をくわえたイヌがいます。
イヌはそれを見て思いました。

(やっぱオレかっこええわ〜 この凛々しい眉とかたまら

ポチャンッ

くわえていた肉は川の中に落ちてしまいました。
posted by Joker at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

期間延長のお知らせ

ちょっと今はブログを手直ししてる暇がないので
今月もテーマは変えずにいきます。

もうネタないがな…。
posted by Joker at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。