2007年01月14日

彼はセレブなエイリアン

「でさぁ、由美ったら背中のチャック開けたままバスに乗っちゃって・・」

「・・へぇ」

「あ〜、今聞いてなかったでしょ〜」

「ん?聞いてたよ。イカ墨のパエリアが美味しかったんでしょ?」

「も〜、やっぱり聞いてないじゃない。また、隣の席の女のコでも見てたんじゃないの〜」

「ち、ちがうよ。あんなタコみたいな顔した女に興味はないよ。あっ」

「ほら、やっぱ見てるじゃん。」

「そ、それよりさぁ、窓の外を見てみなよ。ここは料理も美味いけど、夜景も有名でさ、全窓宇宙望遠鏡と同じレンズを使ってるから、君たちが住んでる地球のある銀河系の3つ隣の銀河まで一望できるんだよ。この宇宙レストラン『ドゥ・ムリエ』はそこいらのエイリアンじゃ予約すらとれないんだぜ?」

「ほんと綺麗ね〜 あ、ちょっと見て!あの渦の横のとこ、赤とか黄色とか無数の光がキラキラしてすごく綺麗。きゃ、また光った!あれはな〜に?」

「戦争だよ。」
【関連する記事】
posted by Joker at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31424517

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。